ホーム>コラム>すべてを成功に導く「普遍の摂理」(2)「5対95」は神秘の比率 ⑤モノ造りに心が込められるとこうなる
  • ホーム
  • 活動案内
  • コラム
  • 機関誌
  • 代表紹介
  • 法人概要
  • お問い合わせ
コラム

すべてを成功に導く「普遍の摂理」(2)「5対95」は神秘の比率 ⑤モノ造りに心が込められるとこうなる

運慶や快慶は、仁王像を造るとき、何百もあるパーツを幾度も造りなおしました。出来上がった仁王像を想い描きながら心を込めて(「5対95」の95)造るので、それが組み上がってでき上った仁王像(「5対95」の5)は人に感銘を与えます。

円空が彫ったどの象も、口元に笑みを浮かべています。そこには円空の心(意識-「5対95」の95)にある人々への慈愛が表れているのです。彼の像は、一刀ごとに心(意識)がこもっているので、見る人の心を打ちます。

横山大観の絵は技巧を凝らしているというよりも心(意識-「5対95」の95)が込められているので、見る人の心を掴みます。

近年の例ですが、コンピュータによって画像を作るCGやVR(仮想現実)、プロジェクションマッピングなども、作成者が心(意識-「5対95」の95)を込めて作ったものは、とてもインパクトがある優れた作品(「5対95」の5)になります。樫野紀元 (2021年7月28日)