ホーム>コラム>「コロナ禍があぶり出したもの」(2)リーダーの力量
  • ホーム
  • 活動案内
  • コラム
  • 機関誌
  • 代表紹介
  • 法人概要
  • お問い合わせ
コラム

「コロナ禍があぶり出したもの」(2)リーダーの力量

「コロナ禍があぶり出したもの」 皆様、いろいろお考えいただけましたら幸いです。

(2)リーダーの力量

良いリーダー像については、このコラム欄に掲載させていただいた「だから私はこう生きる」シリーズ(14)で、お話しいたしました。(このコラム欄をさかのぼっていただくと、その記事は見つかります)

抽象的な言い方になりますが、国や自治体のリーダーの力量は、そのリーダーが、①現状をよく把握し、純に身体をはってコロナ禍と向きあっているか、②人々を心から思いやり、寄りそっているか、③情報を偽らずに開示し、よいアイデアは取り込み、対策を立てて自身の言葉で語っているか、の三点で観ることができるでしょう。

はからずも、コロナ禍で、国や自治体のリーダーの姿があぶり出されました。

国民は、国や自治体のリーダーを、自分たちを守ってくれる存在とみています。早期にコロナ禍をとり除かなければならない時なのに、こんなことを言うと人から批判される、この施策は異を唱えられる、などと及び腰になっているリーダーや、周りの声に左右されるようなリーダーがいます。このようなリーダーは、とても力量があるとは言えません。

リーダーは、国民をコロナ禍から守る、という強い思いを持っていないことには話になりません。そしてよく学習することが求められます。よく知っているリーダー、あるいは幹になることをズバッと指摘するリーダーに、人は畏敬の念をもつものです。あるリーダーの例ですが、テレビに写ってもまるで他人事のような話しぶりです。その自治体の県民は元気を失っています。

稀にみる非常時なのです。部下を動かせないリーダー、人々を導けない無責任で頼りないリーダーでは、嵐の海を行く船長不在の船に乗っているようで、人々は不安が嵩じるばかりです。

医療体制との関係もあるとは言え、軽症の人でも医師や看護師が24時間体制で面倒を見てくれる施設が確保されていない、感染の有無を検査する体制が十分ではないなど、現状を憂うリーダーがいます。そのリーダーは、できない理由を探しているのです。リーダーはできることを探す、あるいは、できることをつくり出さなければなりません。

国や自治体のリーダーは、病床が足りなかったらホテルや研修施設を使う、そういう施設は法的位置づけが病院とは異なる(療養者として扱われる)ので医療が十分に行えなかったらそれを改める、検査体制が不十分であったら24時間稼働できるPCR自動検査器(国産、スイス製)を使う(人手をかけずに一日に7万人分の検査ができるとのこと)ようにする(国はその検査器の使用を許可する)、あるいは40分ほどで検査結果がわかる蛍光ランプ方式(国産)を使う、など果敢に実行しては!  感染者の数を把握することこそが、感染拡大を防ぎ、的確な対策を講じてコロナ禍を解消するもとになるのです。早期に外出自粛を解消して経済活動を再開できるのです。そして新型コロナウイルスを抑える効果が明らかにされている、既に(他の病気に使う)日本で認証されている薬をさっさと使う、などを迅速に実行しては! 

国のリーダーにせよ、自治体のリーダーにせよ、また官僚にせよ、緊急事態宣言は出されたものの、具体の方策を導入する段になって、やれ現行法がどうの、認可の手順がどうの、自分の面子がどうの、などと言って手をこまねいているようでは、当事者能力が無いと言われても仕方がありません。 

責任ある地位にいる国や自治体の人たちは、今まさに、とんでもないくらいの非常時であることを認識していないのでは? と思う人はとても多いのです。国民は、感染した人に弁当を無償で配ったり、自分たちができる範囲で、どんどん助け合いをしているのです。

施策が後手になっても、今更仕方がありません。誤った施策を出していたら直ちにそれを改め、遅きに失していると言われても、何と言われても、とにかく感染の拡大を抑えて人々が安堵できるよう、早期に自粛解除して経済活動を再開できるよう、今からでいいのです、国や自治体のリーダーは、自分自身が表に出て、どんどん発信し、しかるべき対策を実践してもらいたいものです。リーダーがやれ、と言えば皆動くのです。身体をはって、先頭に立ってやらないようでは、リーダー失格です! (2020年4月24日 樫野紀元)

2018319154430.jpgのサムネイル画像