ホーム>コラム>道元は中国で「易」や古代インドの哲学を学んだ?
  • ホーム
  • 活動案内
  • コラム
  • 機関誌
  • 代表紹介
  • 法人概要
  • お問い合わせ
コラム

道元は中国で「易」や古代インドの哲学を学んだ?

先の講座でのこと。

道元は「人の身体や心は宇宙の一部」と言ったそうですが、このことは、樫野先生は量子力学で説明できるとのこと。なるほど、です。

人は宇宙の一部という説は、遠い昔、中国の「周易」や古代インドのウパニシャド哲学などで、そのベースになるところが既に唱えられていた。だから道元は、中国に行って、こうしたことを学んだのでは、という説明がありました。情報のやり取りが盛であったこともあるので、この可能性はあります。

講座で、中国に渡る舟で、道元は「地球は丸い」を体得したとの仮説、これは理解できます。

(講座の一聴講者より)

 

2018416182141.jpg