ホーム>コラム>ゲーテの感性
  • ホーム
  • 活動案内
  • コラム
  • 機関誌
  • 代表紹介
  • 法人概要
  • お問い合わせ
コラム

ゲーテの感性

以下は、紀元塾「偉人・聖人の生き方に学ぶ人間学」2月(第二回)の会での、聴講者のご意見です。

ゲーテが、ある山裾の花崗岩が広がる光景を見た時「そこには、地球が生成した過程、そして私たちがそこから得る養いの様が一挙にありありと展開していた」と感じたのは、彼が、自然界にあるもののエネルギーを感じ、自然界にあるものと会話ができた、ことを示すのではないか、という講座でのお話、とても興味深かかったです。

石工は石垣を造っている時、石が”ここに使ってくれ”という声が聞えるそうです。それで、的確に石を積めるそうです。こういう感性は、何につけ、とても大きな武器になるのではないか、と思いました。

2018319154439.jpg