ホーム>コラム>いつも自分の器量がはかられている
  • ホーム
  • 活動案内
  • コラム
  • 機関誌
  • 代表紹介
  • 法人概要
  • お問い合わせ
コラム

いつも自分の器量がはかられている

なかなか気がつきませんが、人は自分の器量で、相手を評価しています。

逆に、自分が話すこと、やっていることは、すべて、相手から器量をはかられるもとになっています。

例えば、相手を軽んずると、相手から、この人はこんな程度の人、と思われてしまいます。

間口をうんと広げて相手を観る、相手のいいところを見つける、など、自分の器量を上げておかないと、結局は自分が恥をかくことになるのです。

2018416182042.jpg