ホーム>コラム>世のため人のために活動すると気分を爽快にするホルモンがたくさん分泌される
  • ホーム
  • 活動案内
  • コラム
  • 機関誌
  • 代表紹介
  • 法人概要
  • お問い合わせ
コラム

世のため人のために活動すると気分を爽快にするホルモンがたくさん分泌される

2018319154448.jpg

世のため人のために活動すると、気分が爽快になるホルモン(セロトニンやβエンドルフィンなど)がたくさん分泌するそうです。

カトリックの修道女マザー・テレサさんは、インドのコルカタというところで、貧しい人や孤児、病に臥せっている人たちを救うために献身的に活動しました。それによって身体によいホルモンがたくさん分泌したのでしょう。マザー・テレサさんは健康で長生きし、人々からとても慕われました。